専業主婦でも利用出来るカードローンがある

専業主婦の方は消費者金融のキャッシングは現実的に利用できませんが、銀行カードローンであれば専業主婦でも借り入れを可能とするところがあります。もちろん全てではなく、銀行によっては不可とするところもありますので、事前の確認が必要となります。

 

専業主婦が借りる場合には、大体の銀行で限度額や極度額が制限される可能性もありますが、急な出費で必要な分であれば十分にまかなえる金額が借りられるでしょう。

 

 

消費者金融のキャッシングの審査

消費者金融のキャッシングでは自動審査と本審査の2種類の審査を行っています。自動審査は主にインターネットでお申し込みした時に行われる審査で、店頭に直接出かけて申し込んだ場合は行われないです。お申込フォームに入力された情報をもとにコンピュータにより自動与信が行われ、すぐに自動審査の結果が画面に表示されます。

 

自動審査はまだ仮審査なのでこれに受かったからと言ってまだご利用できないです。自動審査に受かった後は本審査に受かる必要があります。自動審査には受かっても本審査で落とされる場合もあるのでまだ油断はできないです。本審査はコンピュータでは無く消費者金融会社の担当者が直接行います。コンピュータで出来る審査はもう済んでいるので本審査はスピーディー、速い場合は最短30分で本審査結果が連絡されます。

 

消費者金融のキャッシングの本審査では勤務先への在籍確認を行います。申告された勤務先にきちんと勤めているか電話をかけてくるのですが、消費者金融会社では無くオペレーター個人名を名乗ってくれるので安心です。

 

本審査ではさらに信用情報を参照してお申込者のお申込み状況や借入状況や返済状況などがチェックされます。この信用情報に問題が記録されていると審査に落ちてしまいます。キャッシングやローンで過去に返済を延滞された方は要注意です。

 

消費者金融は専業主婦はNG

コンピューターによる審査であるとしても、専業主婦の方は消費者金融の審査に通る可能性はゼロです。そもそも申し込み自体を受け付けてもらえませんので、借りたい場合には専業主婦カードローンへの申し込みが必要となります。

 

対応するカードローンキャッシングならしっかりと審査をしてくれますので、安心して来店不要で借りられるのです。

 

カードローンの審査が通らない時は

カードローンも、現在ではかなり借り入れがしやすくなっていました。最近では、非正規雇用の人では審査は難なく通るようになりましたし、学生や主婦といった定期的な収入がない人でも、家族に定期的な収入がある人がいる場合は審査に通ります。

 

ですが、それでもなかなかカードローンの審査に通らない人は一定数います。なぜ通らないのかと不思議がっている方は、まずは自分の信用情報を確かめてみましょう。過去にお金を借りて返済を延滞してしまった事はないでしょうか。

 

その他にも、クレジットカード、携帯電話の利用料など各種毎月の月賦払いに延滞があった場合でも信用事故となり、審査が通らない場合があります。いわゆるブラックリストには載ったという事になります。信用事故情報は、記録され、各金融機関で共有することができますので、返済の延滞を行った会社以外でも審査が通らない場合があるのです。

 

信用事故情報は、基本的に5年から7年の間記載されます。記載されている期間にもし金融機関からお金を借りられた場合でも、誠実に返済していかなければなりません。携帯電話料金も同様です。

 

ですが、ブラックリストに載り、金融機関で借りられなくなったからと言って、ブラックOKと宣伝しているような消費者金融から借り入れするのはお勧めできません。そういった業者は、法外な利率の場合があり、返済に滞った場合どんな手を使ってでも返済させられる場合があります。

 

借りるなら信頼の出来る銀行カードローンで

審査に通らないのは何らかの問題があるわけですので、無理な借り入れはするべきではありません。やはり借りるなら信頼の出来る銀行からのカードローンとすべきであり、銀行の中でも口座開設が不要のオリックス銀行カードローン契約審査が人気となっています。

 

金利面も優れた借り入れが出来るのが銀行ですので、安心して借りるためにも銀行カードローンを使うようにしましょう。